Doorkeeper

DX推進のための「仮説検証型アジャイル開発」修練7週間プログラム 〜ゼロから急成長させるワークショップへの招待〜

2021-04-28(水)20:00 - 21:00
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

詳細

DXの推進力を得るための組織が急成長するワークショップがあります

以下のような必要性に駆られたり、経営層からの要請を受けることはありませんか。

  • DXを推進せよ
  • 内製化チームを立ち上げよ
  • CoE部門を立ち上げよ
  • アジャイル開発を習得せよ
  • 業務をデジタル化せよ

コロナによるリモートワークへの適応が求められる中、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進や2025年の崖対策など経営層から寄せられるミッション、期待、そして既存業務も滞りなく回さなくてはいけないという難題でお悩みの方も多いことでしょう。

コロナ以前に比べて、事業やプロダクト作りは不確実性を増しています。こうした状況を突破するためのケイパビリティとは、組織やチームに「仮説検証」「アジャイル開発」を推進する能力を備えていくことです。これらの能力は、ほぼ前提となってきていると言えます。

仮説検証のスキルを身に着け、アジャイルのイテレーティブな繰り返し型でサイクルを回していくプロジェクトの進め方を身につけていきましょう。この習得のために、全5回のワークショップ7週間という短い期間で臨むプログラムを開発しました。短期間の集中したワークで、参加者同士が真剣に思考を巡らせることにより、チームとしての働き方も身についていきます。

このプログラムは既に大企業からベンチャーまで幾度となく適用し、アップデートを重ねてきています。ご要望される企業に向けて、適宜必要な調整を加えて本プログラムを個社ごとにご提供いたします

なお、本プログラムに関する情報は、弊社ホームページでもご覧いただけます。
https://redjourney.jp/7weeks-training/

本イベントでプログラムの概要を説明します

今回のイベントでは、そのワークショップの目的やメリット、進め方を説明します。
また、私たちが開発した、仮説検証を進めるためのツール「RedHub」についてもご紹介し、プログラムのなかでどのように利用するか、簡単にデモンストレーションも行います。

現場のリアルな課題、モヤモヤと言語化しにくい問題、初動の一歩が見えない問題などがあって当然です。
本イベントの相談会の時間では、各社の課題や状況に合わせた施策やカスタマイズなどに関して、どう実施していくべきかをご回答いたします。
この機会に是非ご相談ください。

本イベントの内容

  1. [説明会] 仮説検証型アジャイル開発ワークショップの紹介(レッドジャーニー濱口)
  2. [相談会] 修練7週間プログラムの内容やカスタマイズなどの相談やQ&A

対象

  • DX推進を任命されて困惑している担当部署や担当者の方
  • DXやアジャイル開発を社内で推進したい方
  • DXの手段としてアジャイルを推進したいけれどエンジニアリングのことが分からない担当の方
  • アジャイルもDXもよくわかっていないけどDXに取り組まなければいけない担当の方
  • デジタル化に向けアジャイル型内製化チームを立ち上げなくてはならない担当の方

コミュニティについて

レッドジャーニー

レッドジャーニー

レッドジャーニーが主催するイベントのためのコミュニティです。 https://redjourney.jp/

メンバーになる